体の不調、痛みの原因は足裏にあった!!足裏の事なら福岡・大野城市にある足裏バランス本舗Basic~ベーシック~

お電話でのご予約・お問い合わせ 受付:10:00~18:00
足裏バランス本舗Basic 092-596-1560

足の健康について

外反母趾と体の不調

外反母趾には症状によって5つの種類があります。

1.靱帯性外反母趾
足の指の付け根にあって、指が広がらないように締め付けている中足靱帯がゆるんでしまった状態の外反母趾を指します。
2.仮骨性外反母趾
親指は曲がらないのに、親指の付け根の骨だけが出っ張ってしまう。
3.靱帯性外反母趾
靱帯性と仮骨性が合わさったもの
4.ハンマートウ性外反母趾
生まれつき指が縮こまっていたり、ハンマーのように曲がっていたり、上を向きすぎています。
5.病変性外反母趾
関節リウマチやヘバーテン結節などの病気やケガで起こります。

1~3までは歩き方や生活環境など外的な要因で起こりやすいので、比較的治療しやすいといえます。
4と5については、先天的あるいは病的な要因がかかわってくるので。、治療には根気が必要です。

外反母趾は足の親指が15度以上外側に曲がっている状態
足の親指(母趾)が外側に反り返っている状態。それゆえに外反母趾といわれます。

外反母趾と美容

外反母趾や指上げ足は女性の美の大敵である。
足が弱ってくると、肩こりや腰痛などをはじめ、足、ひざ、腰、首などの慢性的な痛みにつながってくると同時に、「美」の面においてもマイナス要素が次々と現れてきます。
足裏の不安定は、スタイルの崩れや姿勢にまで及ぼします。長年のひずみが下半身太りや肥満、あるいは逆にやせすぎへ促すこともあるのです。
足裏のバランスと「美」「健康」は一体なのです。
外反母趾改善で脚が細くなる、ふくらはぎも太ももも細くなる。
外反母趾や指上げなどの不安定な足裏は、中足関節(横アーチ)がゆるみ、指が踏んばれなくなっているのです。
そのため、「かかと」と「指のつけ根」だけの狭い面積で身体を支えることになるため、その不安定をふくらはぎや太ももなどで補うことになります。これが、下半身太りや姿勢・スタイルの崩れにつながっているのです。
足裏のバランスが整えば全身のバランスも自然と整い、正しい立ち姿勢とともにスラリとした美しいスタイルに変えることができるのです。
「足裏から全身のバランスを整えて正しい歩行をする」、このことが美しいスタイル、下半身ダイエット、それが健康の秘訣だったのです。
ふくらはぎを細くする、ふくらはぎ太りと外反母趾との関係
「ふくらはぎが異常に太い」「常にすねが張っている」など、美や健康に悩みをもっている女性の90パーセントに、外反母趾や指上げ足といった悪い足、つまり足裏の異常にともなう不安定があるのです。
外反母趾矯正でO脚矯正
O脚と外反母趾の関係
O脚の人たちのほとんどの、外反母趾や指上げ足がみられます。外反母趾や指上げ足があると、不安定な2点歩行になってしまいます。
そのため、歩くとき足先が外方向に流れてしまうのです。そうすると、過剰なねじれのストレスがひざや股関節にかかり、O脚になるのです。
O脚改善は美容面にとどまらず、健康面でも大変重要です。というのも、O脚は変形性膝関節症や腰痛、骨盤のゆがみを引き起こしてしまうからです。
外反母趾を治せば全身が美しくなる、全身のプロポーションと外反母趾と関係
女性にとって、全身のラインが崩れるというのは、耐えがたい苦痛だと思います。年齢や出産のせいと決めつけがちですが、私たちの身体は足裏から生じたアンバランスを補って、もとどおりのバランスを保とうとする作用が自動的に起こるつくりになっているのです。外反母趾や指上げ足などの「足裏の小さなアンバランス」は、上半身にいくほど「大きなゆがみ」となって現れるのです。
足裏が不安定になると、それに合わせて身体のラインも乱れてくることになり、それが結果的に、スタイルの崩れへと導いてしまう場合が多いのです。

外反母趾と冷え性

外反母趾改善で冷え・むくみも改善!!
坐骨神経の機能低下から「血行不良」に
女性には「足が冷える」「下半身が寒い」など冷え性の方が多いです。冷え性の原因は、坐骨神経の機能が低下して血行が悪くなり、身体が冷えてしまうことです。 外反母趾や指上げ歩きを続けていると、地面からのストレスで、腰の骨が変形して、それが坐骨神経を圧迫するのです。
特にかかとをつけすぎることで、直接ストレスが腰に伝わり、知らず知らずのうちに損傷してしますのです。
冷え性がひどくなると、しもやけになったり、神経痛になったりします。足裏の安定を保つことと同時に、マッサージなどで血行をよくすることが大切です。